'... 自然と巨大な才能 ' シカゴ サンタイムズ
.
”.. 彼の芸術は素晴らしく並外れている“ プラウダ-モスクワ
“顕著な若い指揮者がスコアの完全なコマンドを示した." アムステルダム ニュース

彼の世代の最もダイナミックな指揮者、マーロン ダニエルは、'自然と巨大な才能' として記載され (シカゴ サンタイムズ)、彼の芸術は、「素晴らしく並外れている」として賞賛されている (プラウダ-モスクワ) 2014 年度John and Mary Virginia Foncannon指揮者勝者であり、いくつかのヨーロッパとアメリカ合衆国で最も権威のある会場、カーネギー ホールやプラハのRudolfinum、そして国際的な音楽祭でも活躍。Yuriy BEKKER, Koh Gabriel KAMEDA, Julian MILKIS, Magali LÉGER, Kristin LEWIS, Rachel BARTON-PINE, Eric SILBERGER, Russell THOMAS, Deborah VOIGTなど国際的なアーティストとも共演。

彼は他にも メイベル ヘンダーソン記念助成金、ローズハヌス奨学金、シカゴ市からの優秀音楽達成の名誉賞、ダルフールでの危機への意識をもたらす彼の慈善の仕事が認められ、国連から 2008 'アーティストの声' 賞を受賞。

彼はマンハッタン音楽学校、 アメリカ - フォンテーヌ ブロー音楽院(フランス)、セントロ エスティディオス ムジカーレ イサーク アルベニス (スペイン)、プラハ アカデミーで教育を受け、在学中にプラハ シンフォニエッタの准指揮者を務めた。またJames and Lola Faust Fellowship受給のためにサー サイモン ラトルとベルリン フィル、フィンランド、パヌラ アカデミーのヨルマ パヌラのアドバイス を得た。

彼はアフリカとアフリカ系アメリカ人作曲家、 サン ジョルジュからジョージウォーカー の作品を演奏する 最も重要な指揮者の一人である。2011 年にウィリアム グラント スティルの象徴的なアフリカ系アメリカ人交響曲のロシア初演を実施し、作曲家の作品のチャンピオンとしてスティル家族財団の賞賛を受け取った。

生存する現代作曲家による音楽の熱心なサポーターでもあり、Aldophus HAILSTORK, Giya KANCHELI, Matthew KAJCIENSKI, Libby LARSEN, Dominique LE GENDRE, Nkeiru OKOYE, Fred ONOVWEROSUOKE, Patrick SOLURI, Eino TAMBERG, Lev ZHURBINと密接に関わり、これら 作曲家の初演公演を実施。彼のレコーディング 「フェニックスは永遠に」(ハンプソン シスラー作曲) MSR クラシック ラベルは 絶賛され、2011年グラミー賞に考慮された。

現在アンサンブル デュ モンドとColour of Music Festival音楽監督、ソフィア シンフォニエッタの首席客演指揮者、 サン ジョルジュ国際音楽祭芸術監督、 アフリカおよびアフリカ カリブ系作曲家 に関する国際シンポジウムの共同監督、ナッソー音楽協会が主催し、アトランティス リゾート、Société Générale, アメリカ合衆国の大使館主催のバハマ国際音楽祭の芸術監督を務める。
さらにパザルジク州交響楽団客演指揮者、ソフィア オペラ、ブルガリアバレーのカバー/アシスタント指揮者, バハマ国立交響楽団指定指揮者、コロンビア大学教師大学のゲスト講師、アーティスト イン レジデンスでもある。